論文解説

論文解説

姿勢と筋力とバランス能力について

「姿勢改善」呼吸筋活動による効果研究 <目的> 呼吸筋群活動が、姿勢アライメント改善に与える影響についての検討と、呼吸介入が姿勢 改善に及ぼす影響について明らかにする <対象> ・呼吸に支障のない健康な成人20代~50代の15名 <検査手順> ・3群のグループに分け、呼吸方法の違いによる比較を行う A群:自然呼吸グループ B群:呼気優位呼吸グループ(呼気7秒・吸気3秒) C群:均等呼吸グループ(呼気5秒・吸気5秒) ・各グループ内一人ずつ各5分間深呼吸をして、未介入姿勢と介入姿勢とを矢状面に撮影し、姿勢の指標とする骨関節位置を垂直線上からの角度で計測した ・5分ほどの短期的な検証と、それを一週間継続した長期的なものの2種類検証を行う <呼吸方法> ・A群:呼吸秒数指定を行わず、日常的な自然な呼吸をするよう指示 ・B群:7秒呼気・3秒吸気の合計10秒とした ・C群:B群と同じ合計10秒とし、吸筋活動の割合を増やし、呼気優位の比較をするものとした(吸気筋優位、3秒吐き7秒吸う方法は、過呼吸症状や貧血症状などを誘発する危険性があるため、実施しなかった) <姿勢の評価> ・タブレットカメラにて撮影した画像を、姿勢角度(関節位置の角度測定)を客観的に 評価できるようにした(誤差が出ない分析評価が可能)
論文解説

ゴルフ肘について論文解説

「上腕骨内側上顆炎」は、ゴルフによって頻繁に起こることからゴルフ肘と呼ばれる。 インパクトから、フォロースルーにかけて、前方にある持ち手の前腕が最大限回内していく。手首が硬い人・手首の筋力低下がある人は、この前腕回内動作ができなくなっていき、「前腕回内制限→肩の内旋で手首の向きを調整する」ことを繰り返す。 前腕の回内制限があると・・・リバースアクション(末端よりも中枢側が動く)により スイングの際に肘が曲がり、脇が浮きやすい(肩が内旋した)スイング動作となる。
論文解説

テニス肘について論文解説

テニス肘とは、上腕骨外側上顆炎のことで、1882年にMorrisがテニスプレーヤーのバックハンドストロークにて生じる上腕骨外側上顆炎を``lawn tennis elbow’’という用語で表現したことからtennis elbow(テニス肘)が世に知られるようになった。 上腕外側上顆炎をバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をフォアハンドテニス肘 (ゴルフ肘)と表現されるようになる。 「テニスラケットを振る」・「ボールを打つ」などの動作を繰り返すことで、手首を伸展させる筋肉(短撓側手根筋)に負担がかかり、この筋肉が骨に付着する箇所に疼痛が起こる。 スポーツ以外でも、重いものを手で持って運んだり、重い物を片手で引っ張り上げたり 片手(片腕)で何度も物を持ち上げたり腕を回すような作業で発生する場合もある。